一人女性起業家のための販売・宣伝ページの作り方(LP作成術)
起業初心者さん起業初心者さん

周りの成功している人や起業している人は、自分専用の講座やサービスの案内ページを作っていますよね?
宣伝のページってどうやって作ればよいのですか?

起業家 佳代起業家 佳代

そうですね、ちゃんとページがあるとやはり信用度が変わってきますよね。
サービス案内などをアメブロの記事内で作ってももちろん良いですが、手間をかけてページを用意することであなたの真剣さも伝わると思います。
今回は自分で作れる案内ページの作成方法をお伝えしますね。

  • お試しセッション用の説明ページがほしい
  • 個別相談のための案内ページを作りたい
  • メルマガ登録用のページを作りたい
  • LINE登録用のページを持ちたい
  • 体験講座、フロント商品向けの販売・ご案内ページを持ちたい

こんなことで悩んでいるあなたにピッタリの解説となります。

そんなあなたは、LP(エルピー=ランディングページ)を持つと良いです。

LP(エルピー=ランディングページ)とは?

高橋佳代のLP

LP(Landing Page=ランディングページ=エルピー)とは、直訳すると、「着地するページ」です。

つまり、お客様を着地させるページということです。

着地させた後、商品を購入してもらったり、体験セッションに申込んでもらったり、メルマガを登録してもらったりします。

商品を購入するためのLPは、単に「LP」と言ったり「販売ページ」「セールスページ」と言われます。

オプトインページとは

高橋佳代のメルマガ登録用のオプトインページ

オプトインページとは、直訳すると、「登録するページ」です。

LPの一部で、メルマガやLINE公式アカウントに登録してもらうためのページです。

インスタからオプトインページへリンクへ飛ばしたり、
アメブロからメルマガ登録用のオプトインページにリンクさせたりして
中身を見てもらい、登録してもらいます。

LP(ランディングページ)とオプトインページの違い

LP(ランディングページ)とオプトインページの違い

まとめると、LPの一部がオプトインページです。

なので、オプトインページをLPと呼ぶ場合もあります。

LPの目的

LPの目的はたった一つ。

申込みをしてもらうこと、です。

そのLPがメルマガ登録用のLP(オプトイン)だったら
読者登録をしてもらう、
個別相談LPだったら、個別相談に来てもらうことです。

申し込みフォームに入力してもらうことがゴールと言っても良いでしょう。

申込みをしてもらうために

LPを見終わった後、また何度かみてもらった後に
この状態を作ることが大切。行動とは、申込みです。

では、ひとはどんなとき、行動する決意をすると思いますか?

答えは、

  • 苦痛を避けるか
  • 快楽を得ようとする

    とき、人は行動します。

    例えば、

    虫歯で歯が痛い
    →苦痛をなくし治療をするために歯医者に行くという行動をする。

    あの美味しそうなケーキを食べて幸せな感覚になりたい
    →ケーキを買うという行動をする。

    このように行動って発生しますよね。

    人が行動するときの条件

    人が行動するときの条件

    人間は苦痛を避けて快楽を得ようとする生き物で
    「快楽と痛みの原則」という心理作用があります。

    痛みと快楽をお客様に理解してもらうことが大事です。

    痛みと快楽はどちらが欲求として大きい?

    では、痛みと快楽はどちらが欲求として大きいでしょうか?

    答えは、快楽よりも痛みの方が強い動機づけになります。

    LPにおける痛みと快楽とは?

    ではLPにおける痛みと快楽とは何でしょうか?

    それがこちらです。

    「痛み」であれば・・・

    商品やサービスを使わずに今の状態をそのまま続けることで、どんな不幸が待っているのかを具体的に伝える
    =「必要性」を伝える。そのサービスが見込客に必要な理由を言う。
    というより、そのサービスが実現する状態があなたに必要でしょと思ってもらう。

    「快楽」であれば・・・

    商品やサービスを使った後に、どのような良い結果が待っているのかを具体的に伝える。
    「こんな良い未来が待っていますよ。」

    このようなものになります。

    行動するための要素

    苦痛を避けるか快楽を得る以外に人の行動を後押しする要素はなんでしょう?

    例えば、、、

    • 体験談を見て、「信頼、信用」した。
    • アメブロの記事数を見て、ある程度やっている人と判断した。
    • 最近投稿している人だったので、今現在の活動していると信用した。
    • どうやっていくか「階段」が見えて、自分でもできそうと思った
    • サポート延長などがあって、できないかもというリスクが減った

    などなど。つまり、、人が行動するイメージはこのようのものです。

    LPで伝えるべき要素とは?

    LP・オプトインページで何を伝えればよいのでしょうか?

    まずはイメージで捉えて見てください。

    人が行動しにくいイメージ

    旅行者(お客様)が崖の上にお風呂を見つけたとします。

    人が行動しにくいイメージ

    こんな風に思います。

    女性起業初心者のためのLP販売ページの作成のイメージ

    この状態では、あなたのお客様は現状を変えて理想へ行こうとは思わないし、
    行き方も不明だから思えないですよね?

    人が行動しやすいイメージ

    でも、下の図のような場合だったらどうでしょうか?

    女性起業初心者のためのLP販売ページの作成のイメージ

    これを見た旅行者(お客様)は、下のように思うはずです。

    女性起業初心者のためのLP販売ページの作成のイメージ

    この状態だと、あなたのお客様は現状を変えて理想へ行こうとは思うし、
    行き方がわかるから行けますよね?

    これをLPの要素に変換するとこうなります。

    女性起業初心者のためのLP販売ページの作成のイメージ 

    LPは一度作って終わりということではなく、永遠の未完成状態
    ということを意識しましょう。

    「作る→反応を見る→修正」を繰り返し、育てていくというのが本当の姿です。

    あなたの場合で一番反応が良い形に変えていきましょう。

    無料でLPを作る方法

    無料で簡単にLPを作るにはペライチがおすすめですよ。

    まとめ

    一人女性起業家のための販売・宣伝ページの作り方(LP作成術)で大事なポイントは
    「快楽と痛みの原則」を元に考える事が大事です。

    また、ゴール(申込み)までの登りやすい階段を見せる、ということも大切です。