女性一人起業家が体験セッションと個別相談に集客しやすくなる12個の要素を含んだLPの作り方

起業初心者さん起業初心者さん

LPの下書きを作りたいのですが、
LPにはどんなことを書けばよいのでしょう?
宣伝のページってどうやって作ればよいのですか?


起業家 佳代起業家 佳代

集客できるLPには、入れたほうがよい項目というのがありますよ。
私は12個の要素を入れるようにしています。
今回はそれをお伝えしますね。

  • 売れるLPの作り方が知りたい
  • 集客できるLPの型を知りたい
  • LPにどんなことを書いたらよいかわからない。
  • 一人起業に適したLP原稿の書き方を知りたい
  • 対人サービスのLPの下書き原稿の流れがわからない

こんなお悩みにお答えします。

LPって何?オプトインページ??販売ページの作成はどうするの?
LP、オプトインページの違いがわからない
という方は、まずこちらをご覧ください。

女性一人起業家が体験セッションと個別相談に集客しやすくなる12個の要素

女性一人起業家が体験セッションや個別相談、自分のサービス販売のために
集客しやすくなる12個の要素がこちらです。

LPの12個の要素
  1. ファーストビュー
  2. 限定募集の告知
  3. 開催概要
  4. ご参加のご注意
  5. 体験談
  6. こんなことで悩んでいませんか?
  7. こんな方におすすめ
  8. 講座の流れ
  9. 自己紹介
  10. 選び方の判断基準
  11. カリキュラム(講座内容)
  12. 受講して得られるもの

実際にLPにする場合は、体験談は動画と文章とでわけていたり
開催概要を最初と最後に2回出したり
締め切りの注意やフォームへのボタン配置などをしています。

実際の流れ

1つずつ解説していきますね。

1.ファーストビュー

ファーストビューとはWebページにアクセスした時に最初に表示される部分のことです。

ファーストビューを見てページを離脱してしまうユーザーはLPだと70%~90%だと言われており、とても大切な部分です。

ファーストビューだけは、ココナラなどでデザイナーさんに外注すると良いでしょう。

2.限定募集の告知

高単価の一人起業家の個人向けサービスの場合は、いつでもサービスが受けられるというよりも限定性を持たせたほうが、申込んでくれる可能性が高まります。

限定性を持たせるには

  • 期間を区切る
  • 人数を区切る

などをして、それ以上になると

  • 募集を受け付けない
  • 価格が上がる

など、見込み客が早めに申し込んだ良いと思ってくれるような仕組みにすることをおすすめします。

私の場合は、毎月4名様まで特別限定価格にしています。

3.開催概要

体験セッションや個別相談の開催概要を書きます。

  • 時間
  • 料金
  • 場所
  • 申込方法

などを明記しましょう

4.ご参加のご注意

冷やかしを防ぐためにあなたが来て欲しい人、
来てほしくない人を3-4つ程度挙げておきましょう。

5.体験談

信頼をしてもらうために体験談を動画や文章で3人分くらい載せましょう。

動画だと、表情・声や人柄がわかるのでより一層、自分のことを知ってもらい安心してもらうことができます。

個別相談の体験談ではなく、本命商品の体験談でも構いません。

6.こんなことで悩んでいませんか?

人が行動する「痛み」の部分です。

見込み客の悩みを箇条書きでいれます。お客様目線で、お客様が使っている言葉で作りましょう。

ここが見込み客の心に刺さると解消したい!と思ってくれるはずです。

7.こんな方におすすめ

人が行動する「快楽」の部分です。

どんなメリットがあるのか?どういう人向けなのかを箇条書きで書きましょう。

8.講座の流れ

その講座、セミナーの内容、当日の流れを説明しましょう。

3-7ステップくらいで収まるようにしましょう。

9.自己紹介

自己紹介を書きましょう。

見込み客に自分もそうなれそうという疑似体験をしてもらいましょう。

10.選び方の判断基準

同じサービスの選び方の判断基準を伝えましょう。

11.カリキュラム(講座内容)

サービスの内容、カリキュラム、講座の中身の説明をしましょう。

12.受講して得られるもの

受講するメリットを箇条書きでいれましょう。

まとめ

女性一人起業家が体験セッションと個別相談に集客しやすくなる12個の要素を含んだLPの作り方は

この12個の要素を入れることが大切です。

  1. ファーストビュー
  2. 限定募集の告知
  3. 開催概要
  4. ご参加のご注意
  5. 体験談
  6. こんなことで悩んでいませんか?
  7. こんな方におすすめ
  8. 講座の流れ
  9. 自己紹介
  10. 選び方の判断基準
  11. カリキュラム(講座内容)
  12. 受講して得られるもの

ぜひ、参考にしてくださいね。

この12個を元に実際にLP化していくには、ペライチでの作成がおすすめです。

ペライチって何?という方はこちらをご覧くださいね。