マインドマップとは

マインドマップは、用紙の中央に議題となるメインテーマを配置して、テーマから連想されるアイデアや情報を線で繋げながら、分岐させるように放射状に展開していく思考方法です

例えば、こんなものです。

 

マインドマップの書き方と4つの活用事例(図説あり) | Cacooブログ

マインドマップ」の決定版ガイドがついに登場! 書籍『マインドマップ 最強の教科書』が本日発売|株式会社小学館集英社プロダクション(ShoPro)のプレスリリース

マインドマップとは

マインドマップとは、学習能力や理解能力を高めるための脳の使い方のことです。1970年代に活躍した英国人作家トニー・ブザン氏が「マインドマップ」という言葉を世に広め、現在の使い方が確立されました。

マインドマップは、用紙の中央に議題となるメインテーマを配置して、テーマから連想されるアイデアや情報を線で繋げながら、分岐させるように放射状に展開していく思考方法です。

マインドマップの利点

マインドマップでは、脳にある意味記憶の構造に適した方法で頭を使うため、物事の記憶能力や理解能力を向上させる効果があります。

また、メインテーマを構成する要素を文章ではなくキーワード(2から3つの単語)で繋げていくため、複雑な内容でもコンパクトな空間にまとめて表現できるメリットがあります。

使ってみれば一目瞭然ですが、理解しがたい複雑な問題でも目に見える形にしながら理解する方法としてとても効果的です。複雑と感じる部分を具体化することで、行動に移すための意思決定能力も向上します。

おすすめマインドマップツール

XMind

XMindはマインドマップツールのなかでもダントツの知名度を誇ります。有料版のXMind Proもありますが、無料でも十分な機能を備えたマインドマップツールです。

佳代もこちらを使っています。


FreeMind

一時期、こちらを使っていましたがXmindに乗り換えました。