コットン(綿)下り物シートを使ったことはありますか?もしデリケートゾーンのかゆみ、かぶれ、痛み、臭いでお悩みなら綿オリモノシートを試してみてください。個人差はありますが、劇的に改善される方もいらっしゃいます。

性病になるとデリケートゾーンはどうなる?


性病とはマジメに向き合って、自分の体を労わるサインの表れだと思いましょう!

性病にかかった場合、デリケートゾーンはどんな状態になるのでしょうか。

まずは性病の一覧から見ていきましょう。

■外陰炎
外陰部が不潔な状態であったり、性交で傷ができた場合、
その傷に菌が入り細菌感染がおこる
また、下着やナプキンのこすれ、、石鹸などの刺激によりおこるが
この場合は細菌感染ではない
症状は、外陰部がただれて赤くなり、かゆみや痛みがでる
下着やナプキンが擦れると外陰部だけでなく、その周辺部分にまで炎症がおきてしまう
放っておくと、外陰部の皮膚に変化がおきて色も白くなり、かゆみが増す

■カンジダ膣炎
カンジダアルビカンスという真菌(カビ)が膣内で繁殖して炎症がおきる
オリモノで症状がわかるといわれているが
悪化すると、オリモノが乾いてチーズのようなボロボロの状態になる
外陰部や膣の入り口あたりがかゆくなり、腫れてただれてしまう
しかし女性の多くはこの病気にかかりやすく、私も以前検査をうけた。
未然にトラブルは避けたい!

■トリコモナス膣炎
男性の尿道や精液の中に隠れていることが多く、性交時に女性に移り
膣内で菌の繁殖が進み、炎症がおきる
※男性は症状がなく気がつかない
症状はオリモノが黄色く泡立っていることから、病気の判断がつく
外陰部にひどいかゆみが出て、また強い臭いがあることから
放っておくことができないのですぐに病院へいくことが必要である

病気はこれだけに留まらず、様々ですが病気からみた特徴や症状は炎症が起きると
痛みやかゆみをともない、臭いも大きなサインです。

気が付かないフリをしたり、放置したりせずに病院へいくことを進めます。

自分だけのことだけでなく、パートナーのことや将来の子供(妊娠)のこと
も踏まえておきたいです。